忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

対策


パンダ・アップデート。このパンダ・アップデート対策をしているサイト運営者は多いと思います。SEOを気にしている人であれば特に気になることだと思います。ですが、パンダ・アップデートを気にしすぎてしまい、間違った対策を取ってしまう場合があります。本当は価値があるページなのに、対策としてその価値があるページを削除してしまう人もいます。その価値のあるページを削除してしまったばかりに、パンダ・アップデートに引っ掛かってしまうという話もあります。ですので、無駄に先読みをしてパンダ・アップデートの対策をするのは考え直した方がいいのです。日本では本格的にパンダ・アップデートが導入されているわけではないという話もあります。もしそうだったとしても、どの局面にぶち当たっても対応、対処できるようなサイト作りをしなくてはなりません。低評価を受けそうな一か八かなコンテンツで差異を構成しないのはもちろんのことですが、他にも要因はありますから。

催眠療法使用のカウンセリングサービス。池袋店Site
池袋 カウンセリング

URLの順位上がるかどうかは「内部対策の出来」で決まる。強い被リンクだけで安定1位は実現不可能
Google外部SEO対策の要、3要素「被リンクエイジ,衛星サイトエイジ,リンクポピュラリティ」
短期的なアルゴリズムに最適化させても上位表示は一時的・一過性で終わる。中長期アルゴリズムに最適化
順位上げるSEOスパムに強く、順位下げる逆SEO対策・逆SEOスパム・ネガティブSEOに弱いグーグル検索エンジン
内部対策はオリジナル部分SEO・コンテンツSEO優先。共通部分SEO劣後
逆SEO対策とは。標的URLの検索順位を下げる対策。「虚偽の風説」を流布するページの順位を落とす
コンバージョン目的URLとSEO目的URLに分けて、サイト内のSEO目的URLに被リンク対策施す
グーグル不動の上位表示コツ。高コストの強いサイトから被リンク獲得。強い衛星サイト,強い相互リンク
SEO用の衛星サイト(サテライトサイト)は継続更新不要。更新無しでも「1位表示させる力」失われず
検索エンジン集客多いサイト。標準ページと別でSEO集客ページ用意
複数サイト間の記述重複問題と対策、オリジナル部分・共通部分・URL部分
サイトリニューアルやページ更新で逆に順位ダウン。理由原因。逆SEO
SEO成功するキーワード割当方法2つ。ページに沿うキーワード割当てる。キーワードに沿うページ作る
高強度被リンク(高質)なら獲得数は多ければ多いほど良い。低強度被リンクなら少なければ少ない程良い
被リンクのペナルティーはある。外部リンクを貼る前以上にSEOスコア落ちる事も。SEO対策スパム
PR